「サンカラーマックス40」を実際に試して(使って)みました。
「サンカラーマックス」は俳優の目黒祐樹さんご夫妻がイメージキャラクターの自然の光(日光)や蛍光灯の光で染まる白髪染めクリームです。
白髪染め「サンカラーマックス40」の使用感は?
「サンカラーマックス」の口コミ・評判を公開致します。

自宅で白髪染めをする理由

元々、散髪屋さんでパーマやヘアダイで染めてました。
ただ、問題は料金。
年何回か染めると結構、高くつきます。

そこで、自宅で染められる白髪染めに挑戦。
白髪染めには色んな種類があります。

やはり、短時間で手軽にしっかりと染めたい。
意にかなった白髪染めがありました。

ただ、色々と準備が面倒。
さらに、白髪染めをした後、シャンプーをする必要があります。

この問題を解決してくれる白髪染めはないものか、そんな時、見つけたのが、「サンカラーマックス」です。

「サンカラーマックス40」を選んだ理由

「サンカラーマックス」の特色は”光で染める”ことにあります。
通常の染毛剤と違い、クリームの中の銀イオンに光が当たると、光を吸収し、ダークブランに発色すると仕組みです。

朝、「サンカラーマックス」をクシで髪につけるだけ。

白髪染めをした後のシャンプーは必要ありません。
さらに、ケープ等の準備もいらない。
普段着のまま使える、と言います。

まさに、私が求めていた白髪染めです。
早速、注文しました。

「サンカラーマックス40」を注文

キャンペーン中で、ハーフサイズ(40g)2本が半額。

男性用と女性用があり、同じ種類の2本組になります。
※金額は同じです。
男性用と女性用の違いは分かりませんが、男性なので男性用を選択。

「サンカラーマックス」男女
光で染まる「サンカラーマックス」とは?
金額は、本体価格3,240円と送料360円の合計3600円(税込)です。

ただ、支払いは代引きのみ。
クレジットカードが使えないのは残念です。

さらに、配達日時を指定しようとしたら、最短お届け日が何と2週間先。
何故、そんなに時間がかかるのか謎です。

そこで、「指定なし」を選択。

注文後、メールが届きました。

「お届け日のご指定が無いお客様には、商品は10日前後にて配送いたします。」

やはり、商品が届くのは大分先になりそうです。
気長に待つことにしました。

「サンカラーマックス40」が届いた

注文した3日後、宅急便屋さんが来たので出てみると、代引きの商品だと言います。

発送元は「株式会社ケンコー」。
「株式会社ケンコー」は「サンカラーマックス」の販売会社です。

10日先の配達と思っていたのが、意外と早く着いたのでびっくりしました。
まあ、普通はこれぐらいの配達が当たり前ですが。

内容は、白い箱に「サンカラーマックス40」の箱が2つとチラシ類。↓
「サンカラーマックス」内容

「サンカラーマックス40」の黒い箱の中身は本体とクシ、使用説明書でした。↓
「サンカラーマックス」中身

「サンカラーマックス」を使った感想

通常の白髪用染毛料と違い、ケープ等の準備がいらない「サンカラーマックス」ですが、とりあえず、床等に新聞を敷きました。

後は、クシにクリームを付けます。
クリームとなっていますが、練状のハミガキのよう。
これは泡状でない白髪用染毛料と変わりません。

「サンカラーマックス」をクシに付ける

クリームなので液だれは全くありません。

我が家に三面鏡がないので、頭のてっぺんから後ろにかけては適当です。
塗布感も通常の白髪用染毛料と同じ。

使用前の写真↓
白髪染めする前の頭

塗布直後の写真↓
「サンカラーマックス」塗布直後

通常の白髪用染毛料と違い、光に当たって発色するので、しっかりと塗布できたのかは良く分かりません。

電話で問合せをすると、30分~1時間で乾き、この間が最も発色するのだとか。
後は、長く太陽光を浴びた方が良いそうです。
※勿論、室内の蛍光灯の灯りでもOKです。

乾いた後は帽子をかぶっても大丈夫のようですが、光が当たらないその間は発色しません。

好みの色に染まるまでは、帽子をかぶるのは最低限の時間にした方が良いようです。
(夏場の日差しが強い日に帽子なしはちょっときついですので。)

尚、クシに残ったクリームは、水またはぬるま湯で洗い流します。
その後、ティッシュで拭きました。
お手入れも簡単ですね。

頭がかゆくなり、無意識にかいてしまい、まだ、乾いていないことに気付く。
指に液体はほとんど付かない。
水でサッと洗い流す。

塗布後1時間経過↓
「サンカラーマックス」塗布後1時間後

本日は曇り空。
しかも、室内の蛍光灯の灯りのみの為か、1時間経っても乾いた感じはあまりしないです。

早く乾かそうとドライヤーを使用するのはNGです。
当然ながら、日光に当たる方が、早く乾き、発色もするようですね。
「サンカラーマックス」の最安値は?